最高の土地で最高の我が家を手に入れる|不動産業者の利用法

室内

基本的な査定の流れ

マンション

現場での査定の流れ

マンションの販売価格を決めるためにマンション査定を依頼すると現場での調査が行われます。基本的な流れとして、まずはマンション査定を行う業者を選定するのがスタート地点です。業者を決めたらマンション査定の依頼をすることになりますが、ウェブフォームやメール、電話など業者によって連絡方法が異なるので注意しましょう。連絡を行うと通常はマンションの基礎情報についての提供が求められます。単純に住所や面積、階数や作りなどに関する情報を伝えるだけで済む場合が多いですが、その情報源として登記簿謄本などを準備しておくとスムーズに情報提供ができるでしょう。このときに訪問によるマンション査定を行う日時を決定します。そして、その当日に調査員を迎え入れて数時間程度の調査を受けるのが一般的です。立ち会いを求められることが多いので予定を空けておく必要があるでしょう。それが終わると査定完了の報告を受けることになります。査定結果の通知についてはその場で査定価格や査定内容などを教えてもらえる場合もあれば、一度持ち帰って後日郵送などで書類を届けてもらえる場合もあります。詳細は査定を受ける業者によって異なるので予め確認しておくと良いでしょう。一般的にはマンション査定は無料で実施してもらうことができますが、費用がかかる場合にはこの時点で請求書を渡されてその場での現金決済か、後日に銀行などへ振込という形を取っている業者が多くなっています。